カテゴリ:Art( 58 )

西アジア細密画展

c0093050_17103999.jpg


吉祥寺で開かれている細密画展をみにいってきました。
古典作品の模写が多いのですが、オリジナルの作品もデザイン力や
迫力があり感動しました。
緻密な描写、色のグラデーション、金の使い方も素敵で昔のデザインとは
思えないほどです。

【日時】2010年11月9(火)~11月14日(日)11:00~18:00(最終日:4時半迄)
【場所】井之頭画廊(東京都武蔵野市吉祥寺)
[PR]
by pittoresque | 2010-11-11 17:23 | Art

c0093050_23401321.jpg


10月5日から始まっている 「ブラティスラヴァ世界絵本原画展とチェコの人形劇」を見に、
お友達を誘って、千葉市美術館まで行ってきました。

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに行われる世界最大規模の
絵本原画展、そこでの受賞作品と日本人作家の出品作品、隣国チェコ共和国の
家庭用人形劇場と人形の年代別に展示がありました。

チェコの人形劇を映像ではみたことがあるのですが、実際の人形と劇場を
みたのは初めてでした。日本で見れるのは珍しいのでは??
かわいいとはいえない(むしろ怖い顔!)人形ですが、劇場セットに描かれて
いる素朴な絵がなんともかわいかったです。

実際に人形を動かすことができる体験コーナーもありました。
案外、難しい・・・大きい動作をだしにくいです。
絵本原画も、実際の絵本を手にとって見ながらともに楽しめます。

もっと都内などの美術館でやったらいいのに・・・
今日は「市民の日」ということで、入場無料でした。なのに、あまり知られてない
せいか、結構すいていました。
思い切って来て見てよかったです。
それにしてもうちから千葉市美術館は遠かった・・・
[PR]
by pittoresque | 2010-10-19 00:16 | Art

砂漠の薔薇2010 展

c0093050_22505721.jpg


アラビア書道合同作品展が、JR東神奈川駅すぐの「かなっくホール」で
開催されています。
私は今回はパスでしたが、次の作品展2年後に向けて!?下見をしてきました。
キャリアはまちまちですが、ほとんどの方は10年以上長く続けていらっしゃる人ばかり。
ため息がでます・・・額装も凝っていて、見応えのある作品展でした。
写真は作品展のタイトルになっている 
砂漠の薔薇 (ある種の化合物が、自然現象でバラのような形状の結晶に成長した石。
メキシコやサハラ砂漠で採取されたものが多く出回っている。)
です。私も初めてみました。

c0093050_22513663.jpg

撮影ができなかったので遠くから雰囲気を・・・
本田先生と山岡先生の作品もありました。
[PR]
by pittoresque | 2010-10-07 23:18 | Art

チュニジアドレス

7月に国際ブックフェアで、偶然知り合いになりお友達になった
チュニジア人のファドアさん。
チュニジアの伝統的衣装についておしえてもらいました。

なかなか日本にいるとなじみが薄いチュニジアですが、公用語はアラビア語とフランス語。
イスラム教徒の国ですが、アバヤのようなものはかぶらないみたい。

ファドアさんは、つくば大学の研究生で、日本に来てもう3年ほど。
日本語も上手です。母国語がアラビア語なので、ブックフェアを一緒に
まわったときに、イラン、サウジアラビア、エジプトのブースで、通訳や翻訳を
してくれて、勉強になりました。

とても控えめだけど本が大好きなかわいらしい人です!
日本の折り紙を幾何学的に研究しているそうです。

今、彼女もラマダン中で、夜明けから日没まで、飲食を断ち、日本でこの暑さのなか
きついけど頑張っていると言っていました・・・
[PR]
by pittoresque | 2010-09-05 23:04 | Art

東京ジャーミー

c0093050_094839.jpg


代々木上原にあるモスク、東京ジャーミー、トルコ文化センターで
日本人のアラビア語書家の佐川さんの個展が、開かれていて
見に行ってきました。
東京で暮らすイスラム教徒の祈りの場であるこのモスクは
大理石でできた白い建物。イスラム模様がとても綺麗!!
いつみてもこのモスクは、東京にいながら異文化の香りがします!
[PR]
by pittoresque | 2010-07-29 00:17 | Art

サウジアラビアの書道家

c0093050_22325190.jpg


昨日から開催されている 国際ブックフェア に行ってきました。今年のテーマ国が
サウジアラビアということで、本や絵本の展示などがあると聞いて、
東京ビックサイトまで行ってきました。
広い会場内でもすぐにわかる、大きなアラビアンテント(来場者もくつろげるけど、
アラビア人関係者がお祈りをする大事なスペースでもあります)のあるパピリオン。
アラビア語が飛び交い、デーツをすすめられ、懐かしいアラブの香りがします・・・
アラビア書道のコーナーもあって、サウジアラビアのメッカから来た書道家が
名前を書いてくれるサービスがありました。

c0093050_22334562.jpg


日本でのお稽古と同じように竹の筆を使っていますが、インクはカラフルでした。

c0093050_2234489.jpg


私の名前です。

ほかにもイランやエジプト、イタリア、デンマーク、ロシアなどの国々からの出展もあり
楽しくて、一日中過ごしてしましました。続きはまた次回。
[PR]
by pittoresque | 2010-07-09 23:44 | Art

アラビア書道

c0093050_23525529.jpg



マスカットで、オマーン人女性で素敵な絵を描いていらっしゃったアーティストに
習っていたのですが、日本でも去年からまた始めました。

ナイーマ先生のやりかたは、デザイン重視で、わりと自由な発想で好きな文字を
組み合わせて書いていましたが、日本の学校はきちんとしています!!
ひとつひとつの文字を練習し、先生から合格スタンプもらえるまで、
先にすすめません。デザインなどはまだまだ遠い先の話。
アラブイスラーム学院というサウジアラビアの大学の日本分校で実施されているの
ですが、教えてくださるのは、日本でのアラビア書道の第一人者の本田先生。

すごく人気のあるクラスで、毎回、ほぼ満員。私も半年待って、やっとお昼のクラスに
入れました。新幹線で通ってこられる方も・・・
ほかのイスラム諸国では、お稽古としての、アラビア書道はあまり存在しないよう
ですが、日本はみなさん熱心です。10年以上も習われているかたもたくさん
いらっしゃいます。
海外でもこの熱心さは、たびたび取り上げられていて、サウジアラビアの雑誌、
マレーシアのTV取材も入りました。

写真は次の課題を本田先生が書かれたお手本です!!!
アラビア書道は竹の筆と墨汁を使って書きます。
[PR]
by pittoresque | 2010-06-11 00:16 | Art

東京から・・・

c0093050_22325377.jpg


帰国して約9カ月も経ってしまいました。久しぶりのブログの更新です。
日本で生まれ育ったのだから、当たり前だけれども、日本の気ぜわしい
日常生活にはすぐに慣れてしまい、時の経つのが早いこと・・・
もはやオマーンに住んでいたことが夢のような気がします。

だけど、マスカットに住む友人からのメールや突然の電話、日本に出張でいくから
会おうよ!と声をかけてくれる・・・・
たった2年間だったけど、自分で築き上げた、目には見えない私の宝物です。
これからも大事にしていきたいと思います。

去年、17年ぶりに会ったドイツ人の友人が、エアメールで送ってくれた彼の作品です。
彼の作品は味があって大好き!
いつか日本で個展を開いてあげれるといいなぁ・・・
[PR]
by pittoresque | 2010-05-14 22:53 | Art